今、求められているのは、「適正処理」の新たなスタンダード。

ひとつの製品が生まれる背景には「企画」「製造」「流通」など様々な工程があり、 目に見えない部分では「廃棄」という工程も必ずあります。 私たちは、「廃棄」という工程で製品作りの一端を企業様とともに担っている、そう考えております。 廃棄物の「適正処理」が叫ばれていますが、何をもって「適正」といい、スタンダードを何処とするのか。 方法、品質、価格、そしてお客様にとってのメリットまでも、そのスタンダードによって変わってくるでしょう。 私たちは、企業様のブランド向上に貢献するブルーアース・スタンダードを創造します。

『即反応・即実行』の精神を大切に。

近年、排出事業者様の産業廃棄物の適正な処理への意識が高まっており、様々な取組みが行われています。 そうした排出事業者様の取組みをより良く、円滑に進められるように私達は日々考えて行動していきます。 私自身は様々な現場に立ち会う上で、コンプライアンスと安全を第一に掲げ、「即反応・即実行」の精神で取組んでいきます。 私達は、排出事業者様に「安心・安全」かつ迅速に適正な処理を提供し続けます。 お客様からの「ありがとう」。 その一言のために全力で走り続けたい、そう考えております。

全てはお客様の『笑顔』のために。

各排出業者様においては、産業廃棄物の適切な処理を行いつつ、ゼロエミッション化の推進、リサイクル化を進め、社会に対する貢献活動を行っていることは公然となっております。一方で年々廃棄物処理に関する環境基準が厳しくなっており、リサイクル化も困難さを増しており、また処分先の制限条件に重みが増してきていることは否めません。今まで良かれと思われていた処理方法が適切ではないことに気づかなかったり処理先の多様化を推進する必要が生じたり、さらに収集運搬の取り回しを効率化することが必須となってくることが想定されます。私は、お客様のニーズに的確に答え、産業廃棄物を適切に処理する為、スピードを持って行動し、お客様のCSR活動にお役に立てるべく行動を起こしていくとともに、お客様が『笑顔』になって頂ける様全力で取り組んでいきます。

お取引までのフロー

お取引までのフロー

適性処理のフロー

適性処理のフロー